「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

ドイツの放送局DWが米製造業のリショアリング(国内回帰)を報道 10年前とはけた違い

先日、ニューヨークタイムズが報じた米製造業の国内回帰についてお伝えしました。これはつまりコロナ禍でアジアでの製造拠点から製品や部品の流れが滞ってしまい、米国での流通や生産に影を落としていることから。ドイツの放送局DWもこれについて報道してい…

テレビ東京のインターネット配信ニュースで見るウクライナ情勢

www.youtube.com テレビ東京がYouTubeにウクライナ情勢をまとめたドキュメントをUPしています。テレビ東京のこの報道の特色は、いったい何が起きているのか、ロシアとNATO、そして、ウクライナの住民、さらにウクライナにおける対立をできるだけ多角的に入手…

マルク・アレグレ監督「Zouzou」(ズーズー) 昨年、パンテオン入りしたジョゼフィン・ベーカー主演の映画

www.youtube.com 昨年、近代思想家のジャン=ジャンク・ルソー、科学者のキュリー夫妻や哲学者のベルクソンらフランスの「偉人」が納められているパンテオンに、黒人ダンサーで女優のジョセフィン・ベーカーさんが納められたことが話題となりました。ベーカ…

米製造業のリショアリング  製造工場がコロナで再び米国内へ

ニューヨークタイムズの以下の記事は日本人にとっても他人事ではない重要な問題を伝えています。工場の空洞化、生産施設のオフショア化の問題です。冷戦終結後、日本の生産施設が次々と中国に移設された結果、日本国内の労働者の賃金が低下していったのは記…

シャンソン歌手フランソワーズ・クシェイダさんのYouTubeチャンネルを発見した

昨日、僕は歌手フランソワーズ・クシェイダさんのYouTubeチャンネルを偶然発見してしまったのです。フランソワーズ・クシェイダ(Françoise Kucheida)、皆さん、ご存知でしょうか?僕は2枚CDを持っています。大資本のレコード会社に発掘されることもなく、…

欧州連合とハンガリー 民主主義からの逸脱に経済制裁がくだされるか? 

ハンガリーのヴィクトル・オルバン首相と言えば、民主主義を基盤にする欧州連合の中で、独裁化・極右化を激しく進めてきた国として象徴的な存在です。メディア統制やゲイに対する抑圧、移民支援者の罰則化などでしばしば報じられてきたうえに、コロナ禍では…

BSキャンパスex特集『大学の遠隔教育はどこへ向かうのか』 放送大学(BS 231ch)にて1月8日(土)より放送!

過去50年間かけてコツコツ世界で進められてきた遠隔教育が、昨年来、コロナの影響で大きな飛躍を遂げています。このZOOMを使った国際シンポジウムでは世界の一線の遠隔教育の研究者たちが、高等教育の未来について真剣に情報交換を行い、予測しています。ご…

フランスで新型コロナの大波 24時間で新規感染者数が23万人を突破 主流はオミクロン

www.france24.com 新型コロナウイルス感染で、欧州では知人の哲学者が3回目のワクチン接種をしたと先日言っていましたが、今、感染の新たな大波が押し寄せています。リベラシオン紙によると、この年末、12月23日から29日までで世界全体では毎日、新たな感染…

YouTubeチャンネル「フランスを読む」を立ち上げて 

YouTubeチャンネルを立ち上げて10か月になりますが、まだまだ先は長いと思いつつも、今年を振り返ってみました。 村上 www.nikkanberita.com

ジョーン・ディディオンさんの死 

米作家のジョーン・ディディオンさんが亡くなったという報道がありました。1980年ごろ、ノンフィクションの時代の文脈で日本でも晶文社などから翻訳が出ていて、私も2~3冊買って読んだ記憶があります。ですから、その名前を今日聞くと、ずいぶん時間がたっ…

コロナ禍に読む「失われた時を求めて」(プルースト作)

YouTubeチャンネルの「フランスを読む」では、今回、根本美作子さんによる「失われた時を求めて」をお送りします。マルセル・プルーストによる大作です。途中でストップしてしまう読者も少なくありませんが、今回、根本さんが読みどころと魅力をたっぷりご紹…

チリで学費無料化闘争のリーダー(35歳)が大統領に選出される

チリの35歳の大統領が学費無料化闘争の学生運動のリーダーだったと知り、11年前に書いた記事を思い出しました。その頃、チリでは中道右派政権が発足し、教育の民営化を始めていたのです。ガブリエル・ボリッチ大統領が学生運動を組織したのはその頃に違いあ…

自民党政権には日本は守れない

自民党政権には日本は守れない、というのは中国からも、米国からも、韓国からも、という意味です。以下のマンスフィールド研修(1994年~)は私が駆け出しディレクターだった時に日本の外務省で取材したものを後に書いたものです。日本の官僚制度が米国に筒…

チリの左派政権誕生でスペイン語の勉強を再開しました

チリで左派政権が誕生したことを受けて、今後、CIAがどんな手を仕掛けてくるか、また、チリ国内の経済はどうなるのか、など好奇心がかられ、スペイン語を再び勉強する決意をしました。スペインのEl Paisや南米の新聞などをできるだけ読むようにしたいと思い…

チリで35歳の左派の大統領が誕生  様々な運動の集結に成功 

チリの大統領選挙では35歳と最年少の左派の大統領が誕生しました。昨日はこの話題で私の海外の知人たちはもちきりでした。ガブリエル・ボリッチ氏は学生運動出身で、国会議員の経験もあります。彼を支えたのは様々な社会運動だったらしく、その集結によって…

元司法大臣のクリスチャーヌ・トビラが左派の大統領予備選に登場 分裂して勝ち目がなくなっている左派の結束を進められるか?

来年に迫ったフランス大統領選。共和党から強力な候補が登場し、極右2候補を撃沈する勢いとなっている今、分裂して勝ち目がゼロに近い左派からはクリスチャーヌ・トビラ元司法大臣が参戦すると発言して話題となっている。海外領土であるギアナ県出身のトビラ…

ジャン=フィリップ・トゥーサン作「浴室」 翻訳者の野崎歓さんが語った魅力とコロナ時代における意味

YouTubeチャンネル「フランスを読む」では、今回、翻訳家の野崎歓先生にご登場いただき、ジャン=フィリップ・トゥーサン作「浴室」について語っていただきました。この小説は原作がパリで出たのは1985年、そして野崎氏による邦訳が出版されたのが1990年1月…

画家フィリップ・ラゴートリエール(Philippe Lagautrière)氏の展示会で見た「猫」たち

パリのラ・リュシュ(蜂の巣)という館をご存知でしょうか?美術史などで取り上げられることもあるかと思いますが、シャガールも住んでアトリエを構えていたパリの15区にある伝説の芸術家たちの共同アトリエ兼住まいです。レジェやスーティン、藤田嗣治、モ…

「パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 6回目」 ソフィー・ビュニク 「Des barrières entre classes aggravées par la pandémie. À propos de la médiatisation du non-respect des mesures de confinement en France 6」par Sophie Buhnik

( つづき) 2週間ほど前、非合法レストランに関する報道で話題は頂点に達した。コロナが広がる前はとてもリッチな場所で操業しており、パンデミック下における顧客の需要になんとか合わせようと試みるレストラン群に、メディアは照準を合わせた。これらのサ…

バイデン大統領を讃えるNYTのデビッド・ブルックスのコラム

最近、バイデン大統領の支持率が低下しているといった報道をよく目にしますが、ニューヨークタイムズのコラムニストであるデビッド・ブルックスによるこのコラム「バイデンは成功しつつある」は読む価値のあるものと思いました。政治を短期ではかるのではな…

ニューヨークタイムズの竜巻報道を読んで

トルネードーと言えば竜巻のことで、先週金曜日に米国のケンタッキー州、アーカンサス州、イリノイ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、テネシー州の6つの州を襲ったと報じられ、死者は現時点で88人、そのうち最も多くの死者を出したのがケンタッキー州です。こ…

「パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 5回目」 ソフィー・ビュニク 「Des barrières entre classes aggravées par la pandémie. À propos de la médiatisation du non-respect des mesures de confinement en France 5」par Sophie Buhnik

(つづき) その反動から、メディアや論説記者たちは急進左翼を活気づけ、またポピュリスト的政党をも持ち上げつつ、ブルジョア階級や経営者たちの利己主義を強く批判した。ブルジョア階級と経営者たちは、大衆が労働に拘束されている中、コロナ対策の自宅閉…

「パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 4回目」 ソフィー・ビュニク 「Des barrières entre classes aggravées par la pandémie. À propos de la médiatisation du non-respect des mesures de confinement en France 4」par Sophie Buhnik

Sophie Buhnik 地理学者・ソフィー・ビュニクさんによる寄稿から (つづき)国家はあらゆる行動も、発言も、注目され、検証され、詮索されるために一層緊張を強いられた。というのも、国民の領域を独占するのは国家に外ならず、すべての眼差しが国に注がれる…

野党共闘の伸び悩み 3  「反知性主義」批判と知の1%対99%格差

日刊ベリタというウェブ媒体に最近、考えたことをまた書きました。安倍政権時代に護憲運動の大学人たちが安倍首相らを反知性主義と批判していたのを記憶されている方も多いでしょう。しかし、今、なぜそのような政権が長期化できたのかを真剣に考える必要が…

野党共闘の伸び悩み 2 改憲派を育てた平成時代

野党共闘の伸び悩み 2 改憲派を育てた平成時代 www.nikkanberita.com 今の政治について、自分なりに思っていることを書いてみました。

今年4月に新訳が出版されたカミュの「ペスト」

大学時代にフランス語を教えて頂いた三野博司先生が、今年4月に新訳で出版されたカミュの「ペスト」。年末の今頃だけれど書店で入手しました。70年ぶりの新訳とのこと。折しも新型コロナ感染と重なってこの本が話題になっていたところですが、しかし、そもそ…

「パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 3回目」 ソフィー・ビュニク 「Des barrières entre classes aggravées par la pandémie. À propos de la médiatisation du non-respect des mesures de confinement en France 3」par Sophie Buhnik

ソフィ―・ビュニクさん(↓)。 フランスから来日した地理学者、ソフィー・ビュニクさんのレポートの翻訳3回目です。ビュニクさんは、高齢化が都市にどんな影響を与えるかを研究している地理学者で「縮退都市」が専門ですが、幅広いテーマを持っています。ご…

emigrant と immigrant 「移民」という語の2つの英単語

「移民」と言う時に、英語では方向によって英単語が異なっています。 ●外国への移民(流出するイメージ) emigrant ●外国からの移民(流入してくるイメージ) immigrant これに呼応するように動詞形も違っています。英語ではベクトルで言葉が分かれていながら…

「パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 2回目」 ソフィー・ビュニク 「Des barrières entre classes aggravées par la pandémie. À propos de la médiatisation du non-respect des mesures de confinement en France 2」par Sophie Buhnik

前回に続いてソフィー・ビュニクさんのレポートの翻訳2回目です。 「パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 2回目」 ソフィー・ビュニク 「Des barrières entre classes aggravées p…

「パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 1回目」   ソフィー・ビュニク 「Des barrières entre classes aggravées par la pandémie. À propos de la médiatisation du non-respect des mesures de confinement en France 1」par Sophie Buhnik

これは私、村上のブログではありますが、フランス語圏と英語圏のニュースを見るのが目的で、比較文化的な視点で世界を見るブログにしたいと思ってきました(未だ満足なページにできておりませんが・・・)さて、私の怠慢で、この夏にご寄稿いただいていたフ…