「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

Entries from 2021-04-25 to 1 day

バイデンに受け継がれたオバマ演説術

このYouTube番組の特集はオバマの演説で、大統領になったオバマの演説のどこが違ったのかを分析しています。とくに初めて民主党大会で全国デビューをした2004年のボストンでの演説の映像が取り上げられています。シカゴをのぞくとほとんど知られていない無名…

ルワンダの虐殺に関してフランス国家の責任を当時のバラデュール首相にインタビュー フランス24

1994年に発生したルワンダのツチ族に対する大虐殺に関して、フランスは共犯ではないまでも重大な責任があるという結論を歴史家の検証委員会が答申したことを以前書きました。マクロン大統領の元で行われた検証です。これに関して、フランス24ではラジオフ…

スーパーで食材を買う時 

大庭英子著「パンでごはん」という料理書を読みながら、さっそくエビとアボカドのサンドイッチを作ってみようと思いました。ところがサンドイッチ用のパンがスーパーになく、パン屋に出かけてフランスパンを買って載せて食べることに計画を変更した次第。「…

トランプ時代は終わっていない むしろこれから・・・「入門 トランプ政権」(共同通信社)を今、読む

私は共同通信社が2016年12月に出した「入門トランプ政権」を古書店で買って読んだばかりです。今更、再選に失敗したトランプ大統領の入門を何で読むのか?と問われると、こう答えたい。トランプ時代は終わっていない、むしろ、これからだ、と。そんな感想を…

太陽劇団のアリアーヌ・ムヌーシュキンさんと新型コロナウイルスの時代

私は昨年の今時分、フランスの太陽劇団の創設者で演出家のアリアーヌ・ムヌーシュキンさんと話をする機会がありました。それは新しい舞台づくりのドキュメンタリーの打ち合わせだったのですが、残念ながらその時、世界を襲った新型コロナウイルスのために舞…