「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

Entries from 2021-04-27 to 1 day

アンドレ・コント=スポンヴィル著「ささやかながら、徳について」

ソルボンヌ大学で教鞭をとっていた哲学教授のアンドレ・コント=スポンヴィル著「ささやかながら、徳について」はフランスで23万部を売り上げた話題の著ですが、この本は「徳」について、アリストテレスやスピノザ、モンテーニュやプラトン、あるいはカント…

オリヴィエ・アサイヤス監督の「夏時間の庭」 親が死んだとき

オリヴィエ・アサイヤス監督の「夏時間の庭」という映画を見ると映画には豊かに持ち得てTVがなかなか持ちえないものが何かを見て取れるという気がします。老いた母が3人の子供に遺したものは家族が保有する巨匠たちの美術作品と家族が過ごした庭付きの家。そ…

哲学は役に立つのか?  哲学と私ら

哲学は役に立つのか?それとも大学の暇人たちのパズルなのか?哲学は日本の非正規雇用労働者に意味があるのだろうか?・・・こんな否定的な問いかけを投げかけてみることは哲学の意味を考えるためになるでしょう。社会が経済や政治の変化で苦しくなればなる…

クロード・レヴィ=ストロースと現代

私の友人には何人か哲学者がいまして、フランスで本を書いたり、大学で学生に講義をしたりしています。一人はミシェル・フーコーの専門家、一人は構造主義が専門で、中でもクロード・レヴィ=ストロースのエキスパートです。その後者の友人が今度、フランス…

今、最も注目を集めているアメリカの新興経営者の話

今、アメリカでもっとも注目されている実業家が電気自動車テスラの創業者、イーロン・マスクで、彼はペイパルの開発チームの一人でもありました。最近は電気自動車だけでなく、火星旅行の実現に向けて動いていますが、以下の映像ではカリフォルニアの地下ト…

ジャック・ル・ゴフ著 「欧州は中世に生まれたのか?」 Jacques Le Goff 「L'Europe est-elle née au Moyen-Âge ?」

欧州連合の今日の政治を見ながら、欧州とはなんだろう?というも思います。ヨーロッパでもいろんな人が政治学や経済学、社会学など様々な視点で論じています。しかし、何と言っても一番面白いのは歴史学の視点で、とくにアナール学派でしょう。欧州が成立し…