「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

Entries from 2021-03-01 to 1 month

リベラシオン紙の風刺漫画家Willemが引退

フランスのリベラシオン紙と言えば1970年代にサルトルが創刊した左翼紙で、当初はスタッフ全員が平等な給料をもらっていたなど、いろんな伝説があります。そのリベラシオンも時代にもまれ、サルトルが編集長をしていた頃とはだいぶん違ってはいるようですが…

inaとは? 過去に放送された番組をインターネットなどで公開するフランスの国立組織

日本ではTV番組の録画をYouTubeに勝手に載せると通報されて削除されたりしますが、フランスでは逆に放送された番組をYouTubeに放流している国立の組織があります。ina=フランス国立視聴覚研究所(フランスこくりつしちょうかくけんきゅうじょ、仏: L'Instit…

バイデン大統領、最低賃金15ドル法案は可決できず

バイデン大統領の景気刺激策の目玉である1.9兆ドルの公的資金投入は可決されたものの、米国全体の最低賃金を時給15ドルに引き上げる法案は可決されませんでした。民主党は下院では優勢ですが、上院では民主党48、共和党50、独立2という均衡状態とな…

Asian Lives Matter

昨年5月、ミネソタ州ミネアポリスで黒人のジョージ・フロイドさんが白昼、公道で警察官に首を抑えられて窒息死するという衝撃的な映像がインターネットで流れて以来、Black Lives Matter(黒人の命を大切にせよ:BLM)というスローガンが何度も何度もいろん…

マリでフランス軍が空爆で民間人19人を殺戮 死んだ22人のうちジハーディストは3人だけ

<Vingt-deux personnes tuées, dont seulement trois djihadistes présumés>(ルモンド) フランス国内でイスラム原理主義テロを警戒して、モスクの建設に反対したり、新法を設立したりしている最中の出来事。アフリカのマリに展開するフランス軍がアルカ…

アドビのソフトが持つ潜在力

グーグル(Google)がインターネットや映像メディアに革命を起こしたとすると、アドビ(Adobe)もまた映像のクリエイターたちに大きな影響を与えています。 私は今年1月、映像編集ソフトをアドビのプレミアプロ(Premiere Pro)に替えましたが使用契約を結ぶ…

ニューヨークタイムズのハイテク担当記者の挑戦

今、ニューヨークタイムズ(NYT)で読みたい記事のジャンルの1つがハイテク。アマゾンやグーグル、アップルやフェイスブック、ツイッターなどの企業は、さらに世界に変化を起こしていくでしょう。未来をうかがう意味で、NYTのハイテク担当記者、カーラ・ス…

バイデン大統領の景気回復政策を報じたルモンド フランスから見た場合

先程ニューヨークタイムズが報じたバイデン大統領の景気回復政策を紹介しました。一方、大西洋を隔てたフランスのルモンドの報道を見てみると、ニューヨークタイムズとはさすがに違った視点があり、それは次のような個所です。 Le plan va chauffer à blanc …

バイデン大統領の経済政策 ニューヨークタイムズの報道を読む

バイデン大統領が就任して、注目の最初の100日間が終盤に向かっています。ニューヨークタイムズは<Biden's Task :Overhaul the Economy as Fast as Possible>と題する記事を3月24日に出しました。新型コロナウイルスによる停滞を打破するために、総額4兆ドル(3兆ドルの投入と1兆ドルの減税)を行うほか、道路や50万の</biden's>…

今年フランスで浮上したテーマ 家族内のインセスト(近親相姦)とペドフィリア(小児への性的行為)

カミーユ・クシュネル著「ファミリアグランデ(大きな家族)」 フランスで2021年の初頭に大きな話題となったのがカミーユ・クシュネル著「ファミリアグランデ」という本で、なぜ話題を呼んだかと言えばフランスの学術界で著名なスター的夫婦の足元で起きてい…

高齢化社会に向かうフランスの1冊  ピエール・パシェ著「母の前で」

ピエール・パシェ著「母の前で」(根本美作子訳) 2018年の秋に日本で翻訳出版されたこの本は、100歳を超えて頭も呆け、言葉も日々出てこなくなり、息子である著者ピエール・パシェ(Pierre Pachet , 1937-2016) のことも認識できなくなっていく母を病院に何…

ルワンダの虐殺とフランス国家の責任 New York Timesの記事を読む

France Has ‘Overwhelming’ Responsibility for Rwanda Genocide, Report Says 「フランスはルワンダの虐殺に大きな責任があると報告」(ニューヨークタイムズの見出し) 1994年にルワンダで起きた80~90万人に及ぶ少数民族ツチ族への虐殺事件に関して、フラ…

ルワンダの大量虐殺とフランス国家の責任 検証委員会の結論とは?

La France et le génocide des Tutsis: des «responsabilités lourdes et accablantes» 「フランスとツチ族の大量虐殺:『重く極めて大きな責任』」(Mediapart) 調査報道を得意とするネット媒体のMediapartのほか、様々な新聞・雑誌などが今、報じているの…

高齢化社会に向かうフランス 退職年齢は何歳か

ミシェル・ドゥロネー著「ベビーブーマー世代の数奇な運命」 ルモンドのデジタル版の購読で、紙版にない良さは過去の記事も読めるということ。まず私の目を引いたのは、この見出しです。 « Le vieillissement et la mort en série des baby-boomeurs vont po…

フランスの反ユダヤ主義 

「共和国前進」を率いるマクロン大統領のもとで内務大臣をやっているジェラルド・ダルマナンが反ユダヤ主義的な記載を自著の中でしていると糾弾されている話を先日、書きました。ダルマナンは政教分離を原則とするフランス憲法とはそぐわないと彼が考えるイ…

ニューヨークタイムズのデジタル版は最初の1年は週0.5ドル

私は大学生だった1985年から2021年までのおよそ35年間、ずっと英字新聞を購読してきました。しかし、昨年から約1年間だけは途切れてしまっていたのです。その理由はThe New York Timesを購読契約すると、必然的にThe Japan Timesも併読させられて、価格も上…

フランスの極右を見る

Gérald Darmanin accusé d’antisémitisme pour son livre sur « le séparatisme islamiste » 3月23日付のL’OBS(ヌーベルオプセルバトゥール紙)のネット版記事はエマニュエル・マクロン大統領が率いる与党「共和国前進」の内務大臣であるジェラルド・ダル…

ニュースの三角測量

「ニュースの三角測量」というブログを始めます。この言葉は文化人類学者の川田順造氏による「文化の三角測量」を私なりにもじった言葉です。ニュースを最低でも3つの言語圏の新聞、ラジオ、TVで得ようとすることです。こうすることによって、世界のニュー…