「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

閑散としたパリのカフェ 3度目の外出禁止令で”熊”が占拠

" Ouf ! ..les humains sont partis "
「ふう、人間たちは去った」(ミシェル・コスト:Michel Costeによる)

f:id:seven-ate-nine:20210413163359j:plain

パリのカフェ ©Michel Coste 

 最近、しばしばフランスの写真でこの熊のぬいぐるみを見ます。Nounours(ヌヌース)と呼ばれていて、外出禁止令で閑散とした店やテラス席を埋め尽くしています。撮影した写真家のミシェル・コストさんによると、なぜぬいぐるみの熊なのかと言えば、「 la disparition des humains dans les cafés..ironiquement remplacés par des ours en peluche qui représentent l'enfance, la douceur, etc..」(人間のいなくなったカフェなどを、皮肉にも子供時代や優しさを表現しているぬいぐるみの熊たちが埋め尽くしている)のだとか。おそらく本来なら、こんな風にお客でにぎわっているということを伝えているのでしょう。

 それにしても、この手の写真にはぬいぐるみの熊が10体ぐらいは出てくるので、それを全部買っているのか、外出禁止令の時だけ、レンタルしているのかと思ってしまいます。この写真はパリのサンジェルマンデプレのカフェだそうです。

    以下はFrance24の映像ニュースです。いろんな店や劇場が熊のぬいぐるみを設置しています。先ほどの写真はドゥ・マゴのようですね。映画館主はインタビューで、外出禁止令で映画館が少しずつ人々の意識から忘れ去られるのを防ぐために、新たな関心を引こうと熊のぬいぐるみを活用しているのだとか。

www.youtube.com

 

  今回の新型コロナウイルスを原因とした3度目の外出禁止令はパリを含めて16地域限定で、3月20日から4週間程度の実施が見込まれていますので、まだ1週間以上は続きます。

www.nikkei.com