「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

南アフリカの女医が発明したレイプ対策器具 女性器の中に装着する仕掛け罠 Rape aXe 

 南アフリカでレイプ被害者の治療をしてきた女医、 Sonnet Ehlersさんが発明したレイプ犯に仕掛ける罠 「Rape aXe」が Brut や 20minutes で紹介されています。タンポンのように女性器の中に装着しておくと、レイプ犯がペニスを挿入した時に、金属のとげ状のものが突き刺さり、ペニスを引き抜いても肉に食い込んだだめに、その仕掛けが簡単に抜けないのだそうです。レイプ犯が動揺している間に、被害女性は逃走する貴重な時間を得ることができるのだ、と医師は説明しています。2005年ですから、割と前に発明されていたものです。

www.20minutes.fr

   特殊な製造物のようなので大量に普及するのは難しいのかもしれませんが、何%かの女性にこのような器具を装着されていると認知されたら、多少でもレイプ犯への抑止効果になるかもしれません。それ以上に重要なのは教育でしょう。