「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

ビットコインに異変 その背景にあの男が・・・

 

 私が以下の一連の記事を最初に読んだのはフランスのルモンドでしたが、BBCのニュースが一番簡潔に短くまとめていました。仮想通貨のビットコインの価格が大幅下落した、というニュースです。その背後に中国の経済政策の規制強化と米国の経済人の発言が影響したということのようです。

www.bbc.com

仮想通貨ビットコインの価格が19日の取引で3カ月ぶりに一時3万4000ドルまで下がった。中国が仮想通貨に関する新規制を発表したことや、米電気自動車(EV)メーカー「テスラ」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がビットコイン決済を停止すると発言したことなどを受けて売りが進んだ。」

 テスラのCEOであるイーロン・マスク氏はビットコインをテスラ車の購入で使えると発言したり、自ら大量のビットコインを買ったりしたため、複数のビットコインが今年に入って値を上げていたのですが、ここに来て、突然、マスク氏が豹変して、ビットコインを全部売却し、さらにテスラの車はビットコインでは購入不可と翻したようです。これは顧客をなめていると言われても仕方がないでしょう。このビットコインで巨額を儲けた人がいるはずです。テスラも安い価格でビットコインを購入して高値で売り抜けたのでしょうから巨額の取引差益を得たのではないでしょうか?なぜそんなことをする必要があるのか、新しいプロジェクトで手持ちのドルが必要だったのかもしれません。今、テスラはテキサス州に新たな拠点と大工場を建設しようとしているのです。

www.lemonde.fr

 上の記事はルモンドです。下はオーストラリアの記事です。

www.news.com.au