「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

ニューオーリンズのPo’ boy   地元の豪華サンドイッチ

 この間、ケージャン料理のYouTubeチャンネルについて書いた時に、ニューオーリンズのサンドイッチのことを少し思い出して書いたのですが、たまたまYouTubeでまさにそんなサンドイッチの特集を発見しました。チャンネルはこの間LAのラーメン特集について触れましたInsiderです。今回はアジア系と黒人の二人の女性がニューオーリンズに立ち寄り、Po 'boyという地元のサンドイッチの店をはしごしてベストワンを選ぶという企画です。

www.youtube.com

  私が前に、カキフライのサンドイッチを食べたというのは、思い出しましたがPo'boyというサンドイッチでした。この番組を見て、思い出しました。ここではカキフライは出てこず、鶏肉のフライやエビのフライ、牛肉などが見えますが、要するにバゲットは日本で言えばおにぎりのご飯で、中身の具材に何を入れるかは自由なのです。私の場合はカキフライにレタスを刻んだものを混ぜてソースをかけてバゲットに挟んだものでした。この番組でいくつかの店が登場しますが、バゲット1本分で15ドルくらいです。はちきれんばかりに具が詰まってはみ出しています。日本の長いデフレの経済では決して安いとは言えないかもしれませんがアメリカでは時給を15ドルにせよ、と言っているくらいですから、日本よりは値ごろかもしれません。もう一つ思ったのはもともとルイジアナ州はフランス国王の名前を関しているようにフランス領でしたので、バゲットが浸透した結果、サンドイッチにもバゲットが使われているのですが、ただこのパンはフランスのバゲットよりは色が薄くて、多分ちょっと柔らかい印象です。