「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

ベートーヴェンの名演奏と虐殺

 久々にヴィルヘルム・フルトヴェングラーによるベルリンフィルの演奏で「運命」を再び聞いてみると、想像以上に素晴らしい演奏です。クラウディオ・アバドベートーヴェンを振るのは10年早い、とでも言わんがばかり。私はアバドは好きだったんですが、フルトヴェングラーを聞き直すと、フルトヴェングラーの演奏に遠く及ばないことを感じてしまったのです。ドイツのグラモフォンのCDで、演奏時期を見ると、1943年6月30日とありました。まさに第二次大戦中、ナチズムの最中です。ユダヤ人たちが最終解決で殺されていた時期です。

 フルトヴェングラーユダヤ人がホロコーストで虐殺され、オーケストラからもユダヤ系の音楽家たちが亡命したり、演奏ができなくなったりする中で、一人自分だけは他人の不幸におかまいなしに素晴らしい音楽を続けていた、ということで戦後に非難を浴びたこともありました。この時期、指揮者のブルーノ・ワルターを始め、ユダヤ系の多くの指揮者や演奏家が渡米しています。音楽と暴力、音楽と政治は以後、ずっと芸術をめぐる大きなテーマとなってきました。演劇や映画でも様々な形でこのテーマが何度も問い直されています。もしフルトヴェングラーに対する非難が正当だったとしたら、世界の情報が瞬時に報道される今日、音楽家の誰が非難から逃れることができるでしょうか。

 でももしかしたら、音楽家たちが国境や民族を超えて一緒に演奏をして素晴らしい音楽を作ることができたら、力を競い合うオリンピックよりもはるかに平和に貢献できるという気がします。20世紀の呪いを振り放つ時期でしょう。

   ↓ アラブ人とユダヤ人の混成オーケストラ「the West-Eastern Divan Orchestra」

ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団(1999-)

www.youtube.com

   このアラブ人とユダヤ人の混成オーケストラは今は亡きアラブの知識人エドワード・サイードユダヤ人の指揮者ダニエル・バレンボイムパレスチナにおける平和共存の願いを込めて手を組んで創り出し、育て上げたものです。

www.youtube.com