「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

emigrant と immigrant 「移民」という語の2つの英単語

 「移民」と言う時に、英語では方向によって英単語が異なっています。

●外国への移民(流出するイメージ)  emigrant

●外国からの移民(流入してくるイメージ)  immigrant

 これに呼応するように動詞形も違っています。英語ではベクトルで言葉が分かれていながら、日本語では一語しかないとしたら、それはその区分を英語圏では重視する必要があるからに他なりません。また、移民そのものの割合も日本より大きいということでしょう。

 前に書きましたが、異常気象と地球温暖化、さらにそれによる砂漠化、高温度化、水没などで移住を余儀なくされる人々は今のペースで気候変動が進んで行くと、億単位で出てくると予想されています。そうなると、国家という概念で対処できなくなる日が今世紀中に訪れる可能性があります。そうなればこの英単語も必ず変化するでしょう。