「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

「パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 3回目」 ソフィー・ビュニク 「Des barrières entre classes aggravées par la pandémie. À propos de la médiatisation du non-respect des mesures de confinement en France 3」par Sophie Buhnik

ソフィ―・ビュニクさん(↓)。

f:id:seven-ate-nine:20211126041052j:plain

フランスから来日した地理学者、ソフィー・ビュニクさんのレポートの翻訳3回目です。ビュニクさんは、高齢化が都市にどんな影響を与えるかを研究している地理学者で「縮退都市」が専門ですが、幅広いテーマを持っています。ご寄稿いただいたものは新型コロナウイルスへの国の施策がどのような影響をフランス社会に投げかけたかに関する考察です。

パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 3回目」   ソフィー・ビュニク 

 

それとは対照的に大衆や急進左翼運動の人々たちの意見は、メディアパールなどの媒体を通して「モラルのある経済」という考え方を浮き上がらせた。政治学者、サミュエル・ハイアットが2020年に強く主張したように、だ。

フランスのように、その政治史や現代社会が「自由・平等・友愛」という考え方に愛着を持つ国である場合は~これは1789年のフランス革命の標語だが~、民衆は理屈の上では、全体の利益や国家の利益のためには一時的に自由を削られることも受け入れることができる。これは危機の際に崇高な人間(翻訳者注:すなわち独裁者)に国を委ねる、という欲求と異なる。

新型コロナウイルスとの闘いに、このことを当てはめてみると、民衆は緊急事態に備えた対策に対して了承していると言える。もし、各自がウイルス拡散を避けるために、求められた規則を尊重するならば、である。

「今後、私たちにもっと身近な地域か、世界的な規模のことしか存在しないとすれば、このことは意味を持たない。しかし、両者の中間の領域では、大勢を束ね、かつ軍も保有するただ1つのプレイヤーで占められるのだ。国家、とりわけ行政府である。

 組織集団と連帯を奪われた時、私たちは一人一人が国家と単独で向き合わなくてはならなくなる。国は私たちを守り、病院で治療を行う。また、警察を通して、私たちの行動を統制し、政治のリーダーの口を通して、私たちがどう振舞うべきかを示す。もし私たちがぐずぐすしたり、不十分にしか命令に従わないようなら、叱りつけもする(…)だが、国はその全能性と統治行動の激しさの真っただ中においてすら、弱さをもまた露呈させもするのだ(…)たとえば、国民に自宅閉じこもりを命じた時、予想できなかった大量のロジスティックの問題が浮上することになった。ー

 

(つづく ソフィー・ビュニク)

 

(原文)

Par contraste, l’opinion populaire et les mouvements de gauche radicale, à travers leurs médias (comme Médiapart), font ressurgir le concept « d’économie morale », comme l’a souligné dès mars 2020 le chercheur en science politique Samuel Hayat[1].

Dans un pays comme la France, dont l’histoire politique et sociale moderne est marquée par un attachement aux notions de liberté, d’égalité et de fraternité (la devise de son régime républicain depuis 1789), la population peut en théorie accepter une privation temporaire de liberté au nom de la préservation de l’intérêt général ou des intérêts supérieurs du pays – ce qui n’est pas sans lien avec une tentation du recours à « l’homme providentiel » en cas de crise majeure[2].

Appliqué au cas de lutte contre la pandémie de Covid-19, cela veut dire que la population dans son ensemble consent à des mesures d’urgence, si chacun se montre exemplaire dans son respect des règles imposées pour éviter une propagation du virus.

« Cela ne signifie pas pour autant qu’il n’existerait désormais pour nous que le plus local et l’échelle internationale. Mais l’espace entre les deux est occupé par un seul acteur, massif autant que martial :

l’Etat, et en particulier le pouvoir exécutif. Privés de nos collectifs et de nos solidarités, nous, individus, sommes laissés seuls face à l’Etat, qui nous protège et nous soigne dans les hôpitaux, qui contrôle nos activités par la police, et surtout qui parle, par la bouche de ses chefs, nous disant comment nous comporter, et nous grondant si l’on ne réagit pas assez vite ou assez bien à ses consignes (…).

Mais jusque dans son omniprésence et dans la mise en scène frénétique de son activité, cet Etat révèle aussi ses faiblesses. (…) Mettre en œuvre le confinement de la population pose des problèmes logistiques massifs qui n’ont pas été anticipés.

 

 

[1] https://samuelhayat.wordpress.com/2020/03/23/la-democratie-a-lepreuve-du-coronavirus/#_ftn1

[2] https://www.clionautes.org/les-hommes-providentiels-une-passion-francaise.html