「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

ガンザー博士が語るウクライナ紛争:真実の裏側

  今日、あるウェブサイトで次の動画の存在について知りました。今、メディアに席巻しているウクライナ報道とはかなり違ったバージョンです。ロシアの情報攪乱なのでしょうか?そうでは絶対にないとは言い切れませんが、非常に興味深い視点とデータを伝えています。僕はそれらを検証してはいませんが、嘘という風に考える根拠もないので、紹介したいと思います。8年前にウクライナでCIAとオバマ米政権が主導するクーデターが起こり、それが今のロシア侵攻へとつながっているというのです。

 

<8年前のオバマ大統領の国際法違反がなければ、プーチンの違法な軍事侵攻はおそらく起こらなかったでしょう。そう語るのは、Rubikon.newsに寄稿しているDaniele Ganser(ダニエル・ガンザー)哲学博士です。スイスの歴史学者で、1945年以降の現代史と国際政治の専門家です。専攻分野は平和研究、地政学、秘密戦争、資源争奪戦、経済政策です。同博士はバーゼルにあるスイス平和エネルギー研究所の所長です。今日はウクライナ紛争に関する彼の見解を紹介します。>

www.kla.tv