「ニュースの三角測量」

ニュースを日英仏の3つの言語圏の新聞・ラジオ・TVから読んでいきます。アジア、欧州、アメリカの3つの地点から情報を得て突き合わせて読むことで、世界で起きていることを立体的かつ客観的に把握できるようになります。それは世界の先行きを知ることにもつながると思っています。時々、関連する本や映画などについても書きます。

「パンデミックで悪化した階級間の壁 ~フランスにおける新型コロナ感染症対策の自宅閉じこもり違反者の報道から~ 7回目」 ソフィー・ビュニク 「Des barrières entre classes aggravées par la pandémie. À propos de la médiatisation du non-respect des mesures de confinement en France 7」par Sophie Buhnik

(昨年から断続的に地理学者のソフィー・ビュニクさんによる一連のエッセイを翻訳してきました。フランスにおけるコロナ禍の中で政府が国民に家にとどまり、会食を控えるように命令を出していた渦中で、富裕層を中心に、豪華な食事会が開かれていたことがこれまで1回目から6回目までで指摘されてきました。これは昨年書かれた寄稿の続きを翻訳したものです)

地理学者ソフィー・ビュニク氏

 他に論争を呼ぶ点は、閣僚や政府高官たちが(たとえば元欧州議会議員のブリス・オルトフーのような)この類の夕食に参加し、あるいは少なくとも定期的にこうしたソワレ(夕食会)に招かれた場合のことだ。後者の例では、政府スポークスマンのガブリエル・アタルのケースがあげられる。女性の権利大臣をつとめたマルレーナ・シアパの場合は政府に投げられた中傷に言及し、政府のすべての人間は政府が出した命令に則り、最大限、厳格な日々を送っていると断言した。

 左派の人々は、このようなスキャンダルは格差の拡大の中に刻印されたものだと考えた。さらに、新自由主義時代の下で税金を通した富の再配分が減少したことで富裕になったニューリッチたちの家族は何をしても許されるのだ、という感覚を抱くようになった。こうした視点を抱き、さらに以前から続いてきたスキャンダルを考慮すれば、政府高官たちが経済界のエリートたちと腐敗した関係を持ったとしても、なんら驚くべきことではないように思われる。そこから、違法なレストランへの黙認も起きたのだろう。

 一方、右派の人々は逆にこの手の報道が成功した人々への「憎しみ」を掻き立てているとして非難した。さらに、若い世代を富裕層と同じ行動に走らせるとも批判した。とはいっても、右派の人々もまた簡単に、外国出身の人々に対して、フランス国家に対して分離主義的企てを起こしているとか、フランスの伝統を重視しないなどと批判しているのであるが。右派論客たちはそれを、イスラム主義者たちの組織が復讐と称して名乗りを上げている、フランスで最近増えているテロ行為と結びつけているのである。極右の論説記者であるエリック・ゼムールは、「フランスの自殺」という著書で知られるが、彼はまさにこうした姿勢を示している典型的な人間の例であり、経営者側に立っているのと同時に、ナショナリストでもある。

 

(つづく)

ソフィー・ビュニク (地理学者)

Sophie Buhnik

 

Autre point polémique, il est avancé que des ministres ou hauts fonctionnaires (comme l’ancien député européen Brice Hortefeux) participent à ce type de dîner ou du moins sont régulièrement invités à ce type de soirée, dont Gabriel Attal, le porte-parole du gouvernement. La ministre chargée de la citoyenneté, Marlène Schiappa, a évoqué une calomnie et a affirmé que tous les membres du gouvernement étaient tenus à la plus grande rigueur en matière de respect des règles émises par le gouvernement.

La gauchosphère estime que ce type de scandale s’inscrit dans une aggravation de la lutte des classes et illustre le sentiment d’impunité des ménages enrichis par une ère de néolibéralisme et de diminution des processus de redistribution des richesses en France via les impôts. À cette aune et au regard de nombreux scandales antérieurs, il ne semble pas étonnant que des hauts fonctionnaires entretiennent des relations corrompues avec les élites économiques, d’où leur mansuétude supposée face à des restaurants clandestins. La droitosphère, par contraste, accuse ce type de médiatisation d’accroître une « haine » des personnes qui réussissent et de mener à des généralisations hâtives sur le comportement des riches, bien qu’eux-mêmes accusent facilement les personnes d’origine étrangère de participer à un séparatisme républicain et de ne pas respecter les traditions françaises, en lien avec la récente montée des crimes revendiqués par des organisations islamistes sur le sol français. L’éditorialiste d’extrême-droite Éric Zemmour, auteur de l’essai Le suicide français, est sans doute l’exemple le plus archétypal de cette posture à la fois pro-patronat et identitaire.